婚活を終わりにしたい……

 婚活は大変です。それは出会いがなければできませんし、出会って振られてしまえば、自分を否定されたように感じるからです。
 では、婚活を終わりにするにはどうすればいいのでしょう。

結婚して終わりにしたい

 結婚して終わりにしたいのなら、やはり努力するしかないのです。
 もし、振られ続けているようなら、自分を振り返ってみましょう。
 それ以前に、メールが返ってこない、返ってきても続かないなどの理由ならば、今一度、最初の出会い編から読み直してみましょう。

結婚を諦める

 結婚を諦める前に、いくつかチェックしておきたいことがあります。
 これらのことを踏まえて、初めて婚活を終わりにしましょう。

(1)自分の人生は、本当にそれでいいのか

 例えば、病気や家族のことで相手に迷惑がかけられないから結婚を諦めるという方は、本当にそれでいいのか、自分に問い直して下さい。
 たった一度の自分の人生です。一緒に歩いてくれるパートナーが欲しいのなら、子どもが欲しいのなら、子どもを育てる生きがいが欲しいのなら、まだ諦めてはいけません。

(2)自分の遺伝子は残せない

 ややこしいことを抜きにすれば、結婚しなければ遺伝子は残せません。また、子どもを育てる楽しみもないのです。

(3)老後は大丈夫?

 老後に関しては、3つのことを考えましょう。
・老後の世話は?
 老後、自分の面倒を見てくれるのは誰でしょう。子どもが絶対に面倒を見なければならないわけではありませんが、老人ホームの世話になりたくないと考えているのなら、やはり結婚を諦めてはいけません。
・老後の楽しみは?
 老後、孫が顔を見せてくれるというのは、老後の楽しみの一つです。おじいちゃん、おばあちゃんはその日のために張り切ったりするものでもあります。
・最期を看取るのは?
 最期を看取ってくれるのは、他人より身内の方がいいものです。
 孤独死が不安なら、結婚を諦めてはいけません。

2013/07/07