【デート編】誘うときの注意

デートに誘うときの注意!日程編

 デートに誘うとき、日程を強引に決めてしまうのはよくありません。お互いが決めやすい日にちを提案します。

日程は今週末から来週末の2週間が目安

 例えば、1日1通しかメールのやり取りをしない方々が、3日後のデートの約束をするというのはとても無理があります。1週間以上後でないと、待ち合わせ場所を決めるのさえ難しいと思います。
 これとは別に、1日5通もメールをするような関係になると、1週間以上先というのはとても長く感じてしまうかもしれません。「もしお暇でしたら」(ご迷惑でなければ)(ご都合がよろしければ)という前置きをして、「今週末はいかがですか?」と聞いてもいいでしょう。

日程には候補を用意する

 日にちを決める際には、候補もいくつか必要です。
 特に1日1通しかメールをしない場合、特定の1日だけ指定してメールをすると、「この日は無理です」「ではこの日は?」「その日も無理です」というやりとりになり、2日分のメールを無駄にしてしまいます。
 3、4日分くらい予定を提示してみるのがいいでしょう。一番良いのは「今週末の土日か、来週末の土日」の4日を提案することです。
 更に、時間を指定する際には、「この日の二時から三時までしか空いていません」とピンポイントすぎるのも、相手は窮屈に思ってしまいます。「この日の午後から」など、長めに時間を取れるときに会いましょう

帰りの時間は指定しない

 当然ですが「何時から何時まで空いています」と、「帰りの時間」はわざわざ書く必要はありません。帰りの時間を書いておくと、話が盛り上がったときに帰らなくてはならなくなってしまいます。

私たち、youbrideで出会って結婚しました!




このサイトの製作者はユーブライドで出会って結婚しました!
無料会員から始められるので、試してみてはいかがですか?

-【デート編】誘うときの注意